<< 4年間を振り返って(10) | main | インタビュー(10) >>

4年間を振り返って(11)

 お久しぶりです。ヒロです。
私が入部したのは2年の後期からで、活動に参加し始めたのは2年のみずほからなのですが、それでも4年間を振り返れということなので、正直に4年間を振り返ります。



「1年生」
バスケ部に入部する→金銭面で継続が困難になり退部→デュエリストになる

1年時はキング、いおり、ハイジや卒業生たちと決闘をしに部室に遊びに行っていました。
この頃、私は通称ユベネフというデッキを使ってまして、ユベル第2形態とネフティスの全体除去能力と高いレベルを利用し、電卓で直接攻g(ry
このように、私は上記三人たちと一緒になって遊べるくらいの厨二病患者です。


「2年生」
相変わらずの決闘者っぷり→バンドをやっている関係で発声練習に参加→代役をやってみる→北ペーに勧誘される→入部する→『グリーンスカイ』でキャスト

2年に入り、確かダークロードを組んだ気がする。
ダークロードとは、ライトロードの墓地肥やし能力を利用して闇属性モンs(ry
実はバンド活動もしていまして、そちらに力を注ぎたかったため、当初はDuに入るつもりはありませんでした。
キングに発声もやってるからそれだけでもやりに来たら?と言われたのがきっかけで休み時間の部室だけではなく、活動にも顔を出すようになりました。
そもそも決闘者として仲良くさせていただいていたサークルだったので、迷いはなく誘われるままに入部したのが2年の12月でした。


「3年生」
相変わらずの決闘者っぷり→『さつじん』でキャスト→『三銃士』でキャスト→『東の赤は血の赤か』で衣装→『ジャージの誠』で衣装→『百鬼夜行』で衣装

2年後期から?組んだドラグニティをメインデッキにし始めた。
ドラグニティとは、デュエルターミn(ry
初めてスタッフを経験したのがこの年。
そもそもヘアメイクは手伝っていたので(いつからかは忘れました)、スタッフをするなら衣装かなという流れで衣装スタッフへ。
右も左もわからない中、演出の友人によってなんとなく基礎を教わり、なんとか形にする。
これ以降、ほぼ衣装として活動。
学園祭とみずほは就職活動中だったため、ガッツリは参加できなかったのでご迷惑をおかけしました。
余談として、この年にゴールデンボンバーと対バンしました。サインもらっとけばよかった。


「4年生」
相変わらずの決闘者っぷり→『ロボ太と太郎の友情日記』で衣装→『ミスキャスト:私』でキャスト→『セプテンバーさん』で衣装→『2月のSuperSter』で衣装

大学生活はずっと決闘者でした。そして、残り2か月の間も決闘者で居続けることでしょう。









今から思えば、私をDuに誘ってくれた北ペーに感謝したい気持ちです。
Duに入ってなければ人間としての成長もなければ、大学4年間がもっと薄っぺらいものだったでしょう。
Duで多くの人間と関わったからこそ、他人との接し方を学びました。
Duでキャストをやったからこそ、人前でも自信が持てるようになりました
Duで衣装を経験したからこそ、アパレルに興味を持ちました。
Duに入ったからこそ、たくさんの友達ができました。
そして、今の私ができました。

今の後輩が最後に4年間を振り返って、同じように思ってくれたなら、もしくはもっといい思い出を作ってくれたなら、劇団Duに少しでも恩返しができたと言えますかね?


残り僅かな時間ですが、自分の力を惜しまずに出し切ります。
そして、お客さんにも団員にも「劇団Du、おもしれー!」って言わせたいですね。

| リレーバトン企画 | 01:27 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 01:27 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://gekidan-du.jugem.jp/trackback/766

Trackback