<< 4年間を振り替えって(12) | main | 豪雪ですね >>

4年間を振り返る(ラスト!)

 あれ?おかしいな?
4年生は13人いるのに、12人目のいおりの投稿で最後だって?

………おーい!!www
まるで俺が卒業出来ないみたいじゃないか!!www
まぁその通りなんですけどね…。



嘘です。
こんばんは。友人です。卒業します。
学内で久しぶりにあった後輩から、リアルに「あれ?なんでまだ大学にいるの?え、もしかして留年…?」って顔をされた友人です。
学籍番号1つ前の子から、リアルに「あれ?私の後ろって友人だったけ?」って言われた友人です。

一部の人からは4年での卒業を危ぶまれていた僕ですが、最終的に単位は結構余裕でした!
もっと演劇やってもよかったようです!惜しいことをした!w

さて、みんなの例にならって4年間を振り返ります!
…と思ったのですが、箇条書きにして書いてみたところ、あまりに演劇三昧の日々を送ってきたので、数が多過ぎました。
よって、かなりかいつまんで振り返りたいと思います!

★触れるもの皆傷つけた1年生時代【暴君誕生編】★
・5期生入部1番乗リィィィィィィ!!
→2ヶ月後、副部長就任!破竹の勢いで、Du内構造改革に着手。
・キャストと、スタッフでは衣装やってた。

★触れるもの皆傷つけた2年生時代【単位陥落編】★
・子カニでの急遽出演。当日台本を覚えて出た分際で、子どもの人気を得る。小学生の女の子から握手を求められるも、ロリには目覚めなかった。本来の役者デデに精神的ダメージを与える。
・また、演劇三昧の日々を送る中で、一時期は劇団3つ掛け持ち状態。
→演劇のやり過ぎで、自分の胃とかを傷つける。後期の単位を落とし過ぎる。
・学祭公演で股間にアヒルを付け、お客さんの視線を独占する。

★触れるもの皆傷つけた3年生時代【知名度向上編】★
・演出をするようになる。その後も演出をやり続ける。
・単位不足でみんなと同じ時期に教育実習に行けなかったが、おかげさまで公演にガッツリ参加!
・子カニ公演『三銃士』で子どもに「ダルタニアンかっこよかった?」と尋ねると、「んー、……強かった!」と返される。(ダルタニアン役…りょうじ)
・学祭公演『ジャージの誠』で「股間にアヒル」を脚本に盛り込む。
・おきょうと学祭企画「男装&女装コンテスト」に出場。優勝!
・みずほ公演『百鬼夜行』では演出&DJ役。その場でこっそり台本を読みながら出演!

★触れるもの皆傷つける4年生なう【生涯現役編】★
・『ロボ太』でとうとうまともな話を書く。
・合宿で福島原発1号機役を演じる。「ウインドノーツ」「ポンプおじさん」「スクリュー姐さん」など、良キャラに恵まれた作品となった。
・学祭公演『セプテンバーさん』で脚本。伝統化を目論んでいた「股間にアヒル」を入れ忘れる。
・カズミツと学祭で漫才に挑戦!笑いの楽しさを知る。
・卒論発表会で一人芝居版「鴻門の会」を決行。他のゼミの教授から「神がかった発表」というありがたいお言葉を頂く。
・みずほ演劇祭参加作品『2月のSuperStar』で脚本&演出。頑張ってる真っ最中!




かなりかいつまんでも、たくさんありましたw

こうやって振り返っても楽しいことばかりじゃないけど、いつも笑ってきたような気がします。
楽しいことも辛いことも、何もかも全力でぶつかってきました。
全力だったからこそ得られたものを、数え切れないほど得ることが出来ました。
でも、一番幸せだと思うのは、良い仲間に恵まれたことです。
本当に、頼れる仲間達に囲まれています。彼らと仲間になれてよかった。

この幸せを届けるために、仲間と創る最高の舞台を目指して、残りのみずほ演劇祭2012参加公演『2月のSuperStar』の稽古に励んでいきたいと思います。応援よろしくお願いします!

| リレーバトン企画 | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 22:46 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://gekidan-du.jugem.jp/trackback/769

Trackback